エンド・オブ・キングダム1
ババク・ナジャフィ監督

ジャンル:アクション

出演者
ジェラルド・バトラー(マイク・バニング)
アーロン・エッカート(ベンジャミン・アッシャー)
モーガン・フリーマン(トランブル副大統領)
アロン・アブトゥブール(アーミル・バルカウィ)
アンジェラ・バセット(リン・ジェイコブス)

【適当なあらすじ】(間違ってたらごめん)

イギリスの首相が謎の死を遂げる
西側諸国が葬儀に訪れた際にテロが発生し
生き残ったのはアメリカ大統領とイギリス首相のみ
現地のSASやMI6と連携をとり大統領を守る為テロと戦う

【感想】※ネタバレ有り

普通に楽しめました
エンド・オブ・キングダム2
エンド・オブ・キングダム10
前作より銃撃戦は激しくなりましたがストーリー性とかは特に無く
相変わらずアメリカバンザイでバニング無双してる感じでした
エンド・オブ・キングダム7
エンド・オブ・キングダム6
最初にロンドンで襲われて車で逃げてヘリコプターに乗った後
その後まで追いかけてくる執拗さは良かったです
エンド・オブ・キングダム9
個人的に気になった所はSASが応援に来てくれたときに
シークレットサービス一人が仕切って「俺を殺すか一緒に来るかだ」と出しゃばってましたが
もうちょい自粛しとけば?と思ってしまいました

後半は大統領自ら銃を持って戦っているのはインディペンデンス・デイみたいで熱いですね
最後はにスタンディングオベーションで済ましてますけど
アメリカ大統領とイギリスの首相以外の要人全滅してるの忘れてませんか?w
エンド・オブ・キングダム5
評価:☆☆☆