リベンジ・リスト1
チャック・ラッセル監督

ジャンル:クライムアクション

出演者
ジョン・トラボルタ
クリストファー・メローニ
アマンダ・シュル
サム・トラメル
パトリック・セント・エスプリト

【適当なあらすじ】(間違ってたらごめん)

ニートのスタンリー(ジョン・トラボルタ)が駐車場でチンピラに急に襲われて
奥さんが殺されてしまう
犯人は警察に捕まったのに何故か釈放
復讐心に駆られ事件を調べていくうちに、ギャング・州知事と黒幕が出てきて元相棒と一緒に追い込んでいく

【感想】※ネタバレ有り

つまらん

リベンジ・リスト2
リベンジ・リスト11
元特殊部隊という過去を持ってる割に、チンピラに不意打ち食らって失神して嫁は殺されるし
雑魚始末した現場を写真で取られるわで素人臭い
ギャングに報復決めた後の身内のガードが甘くて、警備を付けたりしないで「今日はホテル泊まっとけ」ぐらいでいい加減
娘の旦那さんも巻き込まれて肩を被弾、従妹?は死亡
復讐ばっかに力いれて身内が手薄なのはアカン
奥さん死んであんなにショックだったんだから娘にも気使って欲しい
リベンジ・リスト10
あと刺青の男の仲間を探しにバーに行くんだけど
フード被って明らかに怪しげで目立つ格好してるから
誘ってたり罠仕掛けてるのか?と思ったら普通に見つかって慌てて追いかけてるし
あまりにもお粗末なので本当に元特殊部隊なのか疑問に思う
奥さんの財布も取り返してないし・・・
リベンジ・リスト4
刺青入れに行った時も自分が狙ってる悪党一味に背中を向けるなどもってのほか
しかも完成した刺青は「我こそは怒りなり」とかセンス無くてダサい

何回も味方に助けられてる割には強がりすぎ
相棒の方がプロでスタンリーは素人にしか見えない
「お前は危険に慣れすぎてる」って忠告されたけど ただ周りが見えなくなってるだけかと
昔の相棒の家行って武器が沢山あるから大暴れでもするのかと思ったら
激しいアクションシーンは無い

教会行って「私は罪犯しました(泣)」って涙流してるけど
後で人殺しまくってて全然反省してねぇしw
奥さん殺した相手だけじゃなくて黒幕まで執拗に狙う割には
悪徳刑事の相方を殺し損ねたり詰めが甘い
リベンジ・リスト8
最後のボスの州知事はショットガンもって自ら戦うんだけど
デスクワークの奴がなんであんな強いの?w
ラストに大勢の警官の前に出て撃たれるのは計画通りだったのか?
普通に投降すれば変に傷負わなかったし
よくわからないんだけど・・・

つまらない上にネタにもならないので星1つ
糞映画だと思う

評価:☆