ドクターエクソシスト1
ブラッド・ペイトン監督

ジャンル:ホラー

出演者
アーロン・エッカート
カリス・ファン・ハウテン
カタリーナ・サンディノ・モレノ
デビッド・マズーズ
キーア・オドネル

【適当なあらすじ】(間違ってたらごめん)

主人公エンバー(アーロン・エッカート)は悪霊を退治できるエクソシスト
過去に息子と妻を殺した悪霊(マギー)を探し続けてる
教会から来た女性に少年が悪霊に憑依されたからなんとかして!とお願いされ
乗り気ではなかったが面談したら自分の探し続けてるマギーと関係があることが判明し
潜在意識に飛び込みマギーと戦う


【感想】※ネタバレ有り

あんまし面白くない

ストーリー性は無いから迫力で何とかして欲しかったけど
斬新な演出とかは特に無い
ドクターエクソシスト4
エンバーが「悪魔祓いじゃない これは治療だ」とか意識高いぶってたけど普通に悪魔祓い
潜在意識の中の悪霊マギーとの駆け引きもあまりハラハラしない
マギーがどうしてエンバーを執拗に狙うのかもよくわからなかったし
ドクターエクソシスト5

憑依された少年を目覚めさせる為に父親を連れてきたのだが普通にクズキャラ
一度も愛していると言った事が無いとか夢の中で言われててそれはそれで哀れ
腕の骨を折ったのは事故だ!とか言い訳していたが 普通に虐待だったのだろう
最後の対決の前に師匠の所に必要な薬取りに行ったら師匠が既に死亡
もらった赤い薬は大して役に立ってなくて泣ける
悪霊マギーとの潜在意識での対決は普通に肉弾戦だったのはワロタ

ドクターエクソシスト6
ドクターエクソシスト2
憑依された子供の演技力は中々良かったので星2つ
ドクターエクソシスト3
あとドクターの助手の女性が可愛い

評価:☆☆