ヤング≒アダルト
監督:ジェイソン・ライトマン

ジャンル:ドラマ

出演者
シャーリーズ・セロン(メイビス・ゲイリー)
パットン・オズワルト(マット・フリーハウフ)
パトリック・ウィルソン(バディ・スレイド)
エリザベス・リーサー(ベス・スレイド)

【適当なあらすじ】(間違ってたらごめん)

メイビスは37歳の独身で恋人もおらず、汚い部屋でゴーストライターの作家をしている
そんな彼女の元に、高校時代の元彼のバディから子供が生まれたとメールが届く
学生時代が全盛期でチヤホヤされていた彼女は、バディと寄りを戻す為に田舎に戻るが・・・

【ストーリー展開と感想】※ネタバレ有り

普通でした
20190815100829
部屋が汚いw
女性の一人暮らしってこんなもんでしょうか
20190815100936
仕事の都合でと嘘を付いてバディをバーに誘うが空振り
子供が出来たばっかの元彼を狙うところ辺りで、若干この人大丈夫なの?と感じます
20190815100959
たまたま高校の同級生の虐められっ子マットと出会うが
作家をやっていて売れっ子だと嘘を付いているので、虚言癖までありそうな感じ
赤ん坊との退屈な暮らしを彼は希望していないと勝手に決めつけ
バディとよりを戻すといい始め、マットは冗談だと最初は思っていたが
本気の様子なので、精神病院に言った方がいいと皮肉を言われるがメイビスは全く気にしない
20190815101625
バディと後日会うためにバッチリメイクアップ
最初はやさぐれ感出てたけどメイク後は普通に美人で
この気合の入れ方がガチっぽくて怖いw
20190815102421
昔のままだとバディから褒められるが
家庭を持ったバディとは価値観にどこかずれがある模様
髪の毛をプチプチ抜いてストレスが溜まってる様子
バディは幸せじゃないと勝手に思い込み、赤ん坊に対して嫉妬を見せる
もうこの辺で見ている人はかなり異常な人だと感じるはず
20190815102955
本屋で自分が書いた本にサインをしようとするが店員に断られる
本が売れたのはずいぶん前で今は在庫整理中らしい
出版社に返品できなくなるから辞めてくれと店員に言われ切れ始める
なんかもう完全に逝っちゃってる感が出てますね
20190811123836
バディの奥さんのベスに対して彼のTシャツを持っていると挑発し小石を投じるも
適当に流される
クラブでバンドをやっている同級生らしき女性からもめちゃ嫌われているw
20190815102854
メイビスが冒頭で歌っていた気に入っていた曲をべス歌われて激しく動揺
付き合っていた時代に聞いていた曲らしく
その様子をマットに見られる
バンドメンバーを睨む鬼の形相が怖い
20190811144509
まだバディに拘るところをマットに指摘され痛い所を突かれる
20190815104635
ついにパーティーに出向きバディに迫るが、どうかしてると一蹴される
にっちもさっちもいかなくなり回りの人に当り散らし
実はバディからは誘われてなく奥さんのべスから同情の目で見られ
パーティーに呼んでもらったことが分かり、捨て台詞を吐いてその場を去る
20190815104712
結局誰にも相手にされずマットの元へ行き一夜を供にします
マットや彼の妹からは多少理解してもらえたので救いがあったのではないでしょうか
20190815104757
主役のメイビスの性格が、あまりにも歪んでいるので中々感情移入しにくいと思います
でも現状が上手く行かない人ならば昔の恋人と寄りを戻したいとか思うかもです
それを実際に子供が出来た相手にまでは実行しないと思われますが
やってしまった一人の女性の物語です
結局問題起こしまくって現実と向き合い人生再スタートするわけですが
こういう人もやっぱいるのかな~と思うぐらいでした
ユニークさは斬新さは特に無いです
人に寄ってはただただ不愉快な作品かもしれませんね

評価:☆☆☆