処刑人ソガの凄まじい人生
監督:ジョシュ・クルック

ジャンル:ドラマ

出演者

マニー・ペレス
デニス・キニョネス
ファン・フェルナンデス
ポール・カルデロン

【適当なあらすじ】(間違ってたらごめん)

舞台はドミニカ共和国のサンティアゴ
肉屋の息子ルイシトは、家畜のヤギが道路に出て売人の自動車と衝突
いざこざを起こし父親が目の前で殺害されてしまった過去を持つ
その後将軍に引き取られ、殺し屋として育てられ犯罪者を容赦なく始末していき
処刑人ソガと呼ばれ恐れられていた
そんな時、幼い頃に離れ離れになった幼馴染のジェニーと再会し恋に落ちるが
ルイシトが犯罪者を目の前で殺害し動揺してしまう
ルイシトは父親を殺した犯人ラファをずっと追い続けているが
実はラファと将軍は繋がりあったことに気づく・・・

【ストーリー展開と感想】※ネタバレ有り

結構面白かったです
20190820234622
アメリカから追放された者が国へ帰ってきて犯罪者が増えている様子
国旗も破れてるし、かなり治安が悪い雰囲気です
ドミニカ共和国なんてあんまし身近にありませんが、実際にも治安は良くない模様
20190820143857
20190820235050
ルイシトの少年時代は豚も殺せない優しい子供だったが
大人になった後は大勢の目の前で容赦なく撃ち殺す非情さを見せる
薬物を取締る為に、見せしめで相棒と街で処刑を実行
20190820144051
幼少時代に豚を殺すのを目の当たりにしてショックを受ける
早送りで解体シーンがあるけど凄い鮮やか
何かこういう光景見ると本当肉を無駄にしたくないと思う
こういう出来事があってから肉は食べない主義らしい
この豚のなんとも言えないこっちを見る眼差しが忘れられない・・・
20190820235353
幼馴染のジェニーと再会
ジェニーの知り合いが荷物を取られたので
悪党を探して捕まえるが処刑はしない
理由は頼まれてないからとの事
無駄な殺しはしない主義で、根はまだ少年時代の優しさが残っている
20190820235556
過去チンピラと揉めて父親は殺されていた
目の前で親父が殺されるのはトラウマ
20190820173234
自分の家で可愛い子豚を育てているルイシト
20190820173529
悪党を懲らしめに行き、将軍に金を払っているので見逃せと上からお達しが来るが
正義感から小さい子供に悪戯しているのを見逃せず、悪党の局部をナイフで切り捨てて
勝手な事をするなと将軍に怒られる
相棒からすればとばっちりだと思うw
20190821000433
親父を殺した仲間を子供の時に刺すシーンが淡々としてて怖い
ジェシーはルイシトが目の前で犯罪者を殺すのを見て驚く
あなたは間違ってると彼女から怒られるが理解してもらえない様子
20190820182730
売人を殺したルイシトは牢屋で将軍にスカウトされる
小さい頃から殺しを仕込まれているのが怖い
20190821000708
ついに追っていた親父を殺した犯人ラファを捕まえ処刑しようとするが
ラファの息子を目の前にして思い留まる
しかし将軍によってラファとその息子は殺害され、ルイシトの犯行に仕立て上げられる
20190821000807
ピンチになったルイシトは、最初ら辺で将軍に摘み出されていた記者ペラルタに
内情を暴露し、リストに載った犯罪者は金を要求されていて断れば殺されると
話をし記事にしてもらうよう頼むが証拠が無いといわれる
最終的にはルイシトは将軍の元へ行きリストを盗み出し警察に捕まりますが
リストが表ざたになって将軍は追いやられルイシトは無罪放免に
20190821001105
20190821001219
ジェニーが迎えに来てラストはお店で働いているという地味な終わり方です

派手なアクションとか特別変わった設定等もありませんでしたが
地味だけど渋い映画だと思います
過去の挿入や動物の撮り方にこだわりを感じました
あと一度ルイシトに殺されかけた奴がもう一度犯罪を繰り返してる辺り
反省してないというか、犯罪行為をしていかないと生きていけない国なのかと
というか監督は菜食主義者なんでしょうかね
やたら豚を可愛く撮ってますし
人間によって争わされてる軍鶏の様子が強調されたり
そんな感じが取れるシーンが多いです
20190820201326
とにかく豚可愛いな~ 可愛そうだな~と思っちゃいますね
自分は小学生の頃動物園で、豚に突進されて鼻についてたうんちがズボンに付いたので
豚に対してはあまり良い印象が無いですw
けど豚に対して愛着沸いたり、改めて命の大切さについて少し考える事になった作品でした
とにかく豚 豚 豚って感じ
20190820135750
あとこの物語は事実を基に作られてますって書いてあったけどほんと?w

評価:☆☆☆☆