ソルト1
フィリップ・ノイス監督

出演者
アンジェリーナ・ジョリー
リーブ・シュレイバー
キウェテル・イジョフォー
ダニエル・オルブリフスキー
アンドレ・ブラウアー

適当なあらすじ(間違ってたらごめん)

北朝鮮から捕虜交換で帰ってきたCIA工作員、イヴリン・ソルト(アンジェリーナ・ジョリー)
がCIA本部に帰ってきたら、胡散臭いロシア人が突然亡命したいって訪れてきて
取調べをしたら「アンジェリーナジョリーがロシアのスパイだよ~^^」ってばらしちゃって
機械でチェックしたらロシア人が嘘を付いてないことが発覚
CIAはソルトを取り調べようとしたので、なんやそれ!!ってソルトが慌てて逃亡してCIAに追われる
ソルトはスパイなのか!? この後どうなってしまうのか!?って話

【感想】

あまり面白くなかった

アクションシーンもド派手では無かったし
ストーリー性もオチも微妙
恋人のマイクとの関係も少ししか書かれていなかった為
マイクがあっさり殺されてしまった時の悲壮感が全然無かった
最後の核兵器発射目前も緊迫感がない
ソルト2

結局ソルトの目的も恋人殺した奴らに復讐するというあっさりした感じだったし
ジャンプの打ち切り漫画の俺達の戦いはこれからだ!!みたいな終わり方で中途半端

CIAもいきなりロシアから来た奴に「こいつスパイだから」って言われてすぐ信用しちゃったり
もう少し調査したら?wって思う
あと大統領の警備体制がザルすぎw
入り口一つしかない厳重な扉にあっさり侵入されてるし、シークレットサービスは一瞬で殺される始末

印象に残ったシーンはソルトはドンキーコングみたいにエレベーターの中を飛んだり跳ねたりしてる所かな
ソルト3

あと逃亡中に子供が勉強してるマンションの窓にへばり付いてて中に入れてもらってたけど
あんな怪しい奴いたら絶対中に入れないでしょw
通報されて終わりな気が・・・
ソルト4

個人的な意見ですがアンジェリーナジョリーって見るたびに顔違う感じがして
中々顔が覚えられないんですよね・・・
評価:☆☆