ブレイド1
スティーブン・ノリントン監督

ジャンル:アクション

出演者
ウェズリー・スナイプス(ブレイド)
スティーブン・ドーフ(フロスト)
クリス・クリストファーソン(ウィスラー)
ウンブッシュ・ライト(カレン)
ドナル・ローグ(クイン)

【適当なあらすじ】(間違ってたらごめん)

人間とヴァンパイアの混血児ブレイドは、人間界を支配しようとするヴァンパイアと対立していた
人間からヴァンパイアに成ったフロストは、血の神マグラを復活させて人間界を支配しようと企む
その計画を察知したブレイドは、フロストの野望を打ち砕く為に戦う

【感想】※ネタバレ有り

かなり面白いです
ブレイド3
ブレイド4
ストーリーは人間を家畜同然に見てる悪役のヴァンパイアを、ブレイドがバタバタ倒していくという
単純なものですが世界観が中々ダークです
平和に見える日常も実はヴァンパイアがかなり仕切っていて
警察も含め人間を手下にしているという救いようが無い雰囲気が出てます
吸血鬼達が地下で乱痴気騒ぎを行っている所に突然ブレイドが現れ空気が一変する所は必見です
ブレイド17
ブレイド10
個人的に気になる存在はフロストの腹心のクインです
彼は何度もブレイドの前に立ちはだかるんですが基本的には弱く
腕をいつも切られ、走っている列車に顔を擦り付けられるわ体に火をつけられて燃やされるわで
やられ役の鑑みたいなもんです
クインはなんで銀の杭で突き刺されても灰にならないんでしょうか
ブレイド6
ウェズリー・スナイプスのアクションが凄く綺麗に見えるのは
ブレイドの纏うマントが結構影響してるのではないかな~と思っています
足技を使うとすごく見栄えが良くなります
あと銀の武器で突き刺したり切ったりすると灰になるのは斬新で綺麗だと思います
イチイチ弾を銀で作っていたらお金かかって大変ですね
20190804175049
あとスターウォーズのジャバザハットみたいな吸血鬼もちょっと動いただけで黒焦げに
されててなんだか可愛そうでしたw
フロストに助けを求めても「あきらめて潔く殺されろよ~(笑)」と見捨てられる始末
血の神復活の儀式の分析した功績はでかいと思うんですがね
ブレイド14
あと吸血鬼のアジトの場所を聞くためにフロストの手下を締め上げて
冷蔵庫の中だって吐いてるのに過剰に暴行してた所が可笑しかったです
かっこつけが多いですが普通にカッコいいので問題ないです
昼間に歩けるという意味でのデイウォーカーって愛称の響きがクールです
ブレイド15
アクションも冴えてるので名作だと思います
オススメです
ブレイド7
評価:☆☆☆☆☆