キラー・エリート
ゲイリー・マッケンドリー監督

ジャンル:アクション

出演者
ジェイソン・ステイサム(ダニー)
クライブ・オーウェン(スパイク)
ロバート・デ・ニーロ(ハンター)
ドミニク・パーセル(デイビス)
エイデン・ヤング(マイアー)

【適当なあらすじ】(間違ってたらごめん)

殺し屋家業を行っているダニー(ジェイソン・ステイサム)とハンター(ロバート・デ・ニーロ)
ダニーは足を洗って暮らしていたが、友人のハンターが仕事を失敗して拘留されていると聞く
ハンターの解放を条件にオマーン首長から息子の復讐の為SASを3人殺害してほしいと依頼され
渋々仲間を集めて戦いに身を投じる事になる

【感想】※ネタバレ有り

中々面白かったです
キラー・エリート3
SASを狙う殺し屋
そしてその殺し屋を狙う謎の組織との駆け引きが面白いのですが
徐々に力の差が明確になってきて突っ込みどころが多々あったり・・・
キラー・エリート6
SASが凄く厄介な敵で中々口を割らないとと想定されているのに
結構あっさり捕まえて自白させてるのはあれ?って感じです
自白が一番ハードル高い気がしたのに・・・
あと命を狙われているSASの隊員に監視が少なすぎる気が
キラー・エリート8
隊員を殺害する為にSASの本部にステイサムが潜入する所あたりはぶっとんでるので好きです

それと冒頭の少年を殺さなかった伏線みたいなのは何だったのでしょうか
よくわからなかったです
キラー・エリート7
ステイサムとオーウェンの戦闘シーンは迫力満点です
演出は中々良かったとおもいます
あまり深く考えないで見れば普通に面白いと思います
キラー・エリート9

評価:☆☆☆